審美歯科とは

前述のように、歯の役割は機能的なものだけではなく、表情の明るさや若さを保つなどの審美的な役割も担っています。現在の一般的な保険が適用される歯科治療では機能面の治療に重点が置かれているため、しばしば金属が見えたり、変色したりなど見た目の美しさへの配慮に欠けるものが多くあります。

一方、審美歯科は保険適用の治療だけではなく、保険適用外の素材を取り入れながら、歯の美しさを保つ治療に取り組み、そしてただ美しさだけにこだわるのではなく、治療によって正常な噛み合わせをもたらし、健康を保ち、歯に自信を持つことによってコンプレックスなどの解決にも貢献するということも目的とされています。

具体的な治療内容は、歯列矯正やホワイトニング、歯の被せものやブリッジに金属を使わないオールセラミックなどが代表的です。最近のホワイトニング治療では治療後に知覚過敏になりにくい歯にすることも可能になってきていますし、抗菌性もあるタイプのものであれば、虫歯や歯周病予防も期待できます。歯の健康と体の健康の関連性が取り上げられる昨今、これから注目の医療といえます。

 

関連サイト|大阪心斎橋でのホワイトニング・セラミック治療なら湘南美容歯科